おすすめアイテム

【家トレに必要な器具5選!】これがあればマッチョになれます。

悩める人
・家トレだけで身体を変えたいんだけど、なにを揃えたらいいの?

・ジムと同じ強度を家でも出したい!

こんな悩みを解決します。

 

こんにちは!おちびです。

「筋トレに興味を持ってて家でやりたいけど何を揃えればいいのか分からない!」

そんな風におもってませんか?

おちび
私も始めた当初は「家トレ 器具 おすすめ」などで検索しまくってました(笑)

 

結論からいうと

これから紹介する5つのものがあれば、ほぼジムと同等の環境ができあがります!!

 

実際に私はジムに行けない日は家で鍛えるんですが、ほぼ同じ強度でトレーニングできていますよ!

ということで今回は、家トレに必要な器具を5つ紹介していきます。

 

この記事を読むメリット⇩

  • 家で身体を変えるのに効果的な器具がわかる!
  • ジム同等の環境をつくることができる!

ではいってみましょい!

家トレに必要な器具5選!

ここでは「これがあれば十分!」というおすすめな器具を5つ紹介します。

その5つとはこちらです。

  1. 可変式ダンベル2個
  2. インクラインベンチ
  3. チンニングスタンド
  4. プッシュアップバー
  5. アブローラー

では1つずつ紹介していきますね!

①.可変式ダンベル2個

これは今回紹介する5つの中で一番重要なものとなります。

ダンベルがないと強い負荷を与えられないので何も始まりません(笑)

 

ココがおすすめ

・2個あれば全身をくまなく鍛えられる!

・可変式で好きな重さに変えられるため場所をとらない!

ココが気になる

・スクリュー式だと重量変更が少しめんどくさい

・物によってはかなり高価である

ダンベルは1個だとやれる種目数がほんの少ししかありませんが、2個になると種目の幅が広がります!

そして可変式ならこれ1つで軽重量~高重量まで調整できるため、場所の節約にもなりますよ~。

 

デメリットは重量変更がスクリュー式のものだとプレートの取り外しが多少面倒なとこですかね。

ですがこれは面倒な分、プレートの落下は確実に防げるため安全面で考えれば最強ですよ!

おちび
私はスクリュー式のものを使っています!

そしてこのスクリュー式の他にもワンタッチで重量を変えられるアジャスタブルダンベルというものがあります。

こちらは重量変更が一瞬でおわる優れものですが、価格はスクリュー式の倍以上するのでお財布と相談することをおすすめします(笑)

 

ダンベルは1個だとできる種目がかなり制限されますが、2個あれば一気に種目の幅が広がるので家トレには必ず必要なものとなっています!

②.インクラインベンチ

これはダンベルの次に重要なアイテムですね。

インクラインベンチがあると全身のトレーニングの質をさらに上げてくれます!

ココがおすすめ

・シート角度を変えれるため様々な刺激を入れられる!

・種目の幅がさらに広がる!

ココが気になる

・下にマットを敷かないとガタつく可能性あり

まずはベンチ台を使うことにより、ダンベルのみではできなかった仰向けやうつ伏せなどの種目ができるようになります。

そしてインクラインベンチは背もたれや座面の角度を細かく調整できるため、角度を変えることでその種目のなかでもさらに効かせたい部位へピンポイントに刺激を入れられるんですよね!

マチョくま
これがあるとマジで世界が変わるぞ!

デメリットはベンチ台によってはマットを敷かないと多少のガタつきがあったりしますが、マットさえ敷けばこのガタつきはほぼなくなります!

マットにもさまざまな種類がありますが、ヨガマットが簡単で安く手に入るのでおすすめですよ~。

③.チンニングスタンド

チンニング=懸垂です。

背中を鍛えるのに効果的と言われているチンニングですが、家ではぶら下がれる場所がないことが多いですよね。

そこでこのチンニングスタンドがあれば、家の中でチンニングができるので鬼の背中を手に入れられます!

ココがおすすめ

・家の中で高負荷なチンニングをすることができる!

・レッグレイズやディップスができるタイプもある!

ココが気になる

それなりのスペースが必要

チンニングはめちゃくちゃ効果の高い種目ですが、公園の鉄棒などでしかできないことが多いです。

ですがこのチンニングスタンドがあると家の中でいつでもできるため、ない人と比べると成長スピードにも差が出ることでしょう!

 

ひとつ気がかりなのは設置スペースですかね~。

サイズもいろいろありますが、大体のものはタンスほどのスペースを取るので注意が必要です。

場所は取りますが、得られる効果の満足度のほうがかなり高いため余裕があるなら導入することをおすすめします!

おちび
必須ではありませんが、あると強度がかなり上がります!

④.プッシュアップバー

これはあると便利!という感じですね。

プッシュアップバーは腕立て伏せのときに使うもので、自重トレがメインだったり追い込みで腕立てをしたい人にはおすすめです!

 

ココがおすすめ

・胸をより深くおろせるようになり効果UP!

・手首に負荷がかかりにくい!

・1000円程度で買える!

プッシュアップバーに関して私はデメリットは思い浮かびません。

最大のメリットとしては持ち手が床より高い位置なので、なしの時よりも胸を深くおろすことができ強い刺激を与えられます!

 

そして床に直で手をつくと手首が痛くなりがちですが、これを使うことで手首の負担も減らせるんです。

なので怪我防止という観点からみてもかなりの優れものですね。

値段も1000円程度で買えてしまうので、「ちょっと試してみようかな?」という軽い気持ちで買えちゃいますよ!

⑤.アブローラー

アブローラーは俗に言う腹筋ローラーです。

これはできるできないの話は関係なく、めっっちゃくちゃ効く代物なのでとりあえず1つ持っておきましょう!

 

ココがおすすめ

・普通の腹筋種目の倍以上の負荷をかけれる!

・1000円程度で買える!

プッシュアップバーと同様で私にはデメリットが思い浮かびません。

アブローラーはひざ立ちで行う「ひざコロ」と、立った状態から行う「立ちコロ」があります。

ひざコロは初心者向けで立ちコロ上級者向けですが、初心者でもひざコロはできない人がほとんどです。

それくらい負荷がエグイんですよ(笑)

 

できない人は効果ないんじゃないの?

そう思うかもしれませんが、動作として完璧にできなくても腹筋にはかなりの負荷が入っています。

みんなやっていくうちに1回、5回、10回とできるようになりますからね!

 

そしてこれだけの代物が1000円前後で買えてしまうのでかなりお得です。

アブローラーは一家に一台!!

まとめ:必要な器具は揃えて後悔はしない!

いかがでしたか?

これまでの内容をまとめます。

揃えておきたいもの

・可変式ダンベル2個➡これがないと始まらない!

・インクラインベンチ➡種目の幅がめちゃくちゃ広がる!

・チンニングスタンド➡最強種目の懸垂が家でできる!

・プッシュアップバー➡自重トレや追い込みたい人向け!

・アブローラー➡普通の腹筋種目の倍以上の効果が見込める!

筋肉をつけるために家で鍛えるならこの5つがあればもう完璧。

特にダンベルとインクラインベンチは費用以上の価値が大アリの代物です!

家で快適にかつ効率的に筋肉をつけれる環境をつくり、周りと一気に差をつけちゃいましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

おちび

27歳会社員。身長162cmの吃音持ちのおちび。 2017年8月から筋トレを開始し、増量と減量を繰り返しマッチョになる。 8割以上はYouTubeから知識を得ており、自分に合うやり方を探りながら筋トレに励み中。

-おすすめアイテム