筋トレ

おすすめのジム用グローブ2選!使い心地やメリットを解説!

スポンサーリンク

おちび
こんにちは!おちびです

 

「手に豆ができて痛い!」

「グローブを買おうか迷っている」

こんな風に思っている人いませんか?

そんなあなたへ言いたいことはただひとつ。

 

グローブ良いですよグローブ!!

 

私は筋トレを始めて半年くらいまでは何もつけずにトレーニングをしていたんですけど、やはり手の豆やなんやらでしんどかったです。

しかしある時から「やっぱり必要かもなぁ・・・」と思い使いだしてみたら、予想以上に快適にトレーニングができました!

 

ここではグローブ購入で迷っている人へ向けて、こんな内容が書かれています。

本記事の内容

・グローブをつける3つのメリット!

・おすすめのグローブを2つ紹介!

この記事を読めばきっとグローブの良さが伝わると思うので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

それではいきましょー!

グローブをつけるメリットは?

「グローブをつけるのなんてガチ勢だけじゃないの?」と思う方もいますよね。

ですがグローブは初心者ほどつけてほしいです!

ここではつけることによるメリットを3つ紹介しますね~。

その3つは以下のとおり!

手に豆ができにくくなる!

滑りにくくなる!

握力の補助になる!

では1つずつ解説していきます。

手に豆ができにくくなる!

筋トレで手に豆ができて痛い・・・

これは筋トレしてる人はほぼ全員が通る道だと思います。

豆ができるだけならまだしも、破けたりするとトレどころではなくなりますよね(泣)

しかしこのトレ用グローブをつければ豆ができにくくなります!

筋トレ用のグローブは一般的な手袋と違って少し厚めにできているのがほとんどです。

そのため、直接皮膚がシャフトなどの持ち手に接触しなくなるので負担を減らせます!

滑りにくくなる!

ダンベルの持ち手が滑る!

これもあるあるです。

特に除菌シートで拭かれた直後の持ち手とかめちゃくちゃ滑りますよね(笑)

グローブの手のひら側には滑り止めがついているものが大半なので、つけることにより滑りにくくなります!

滑らずにグリップできることにより、トレーニングが全体的に安定感が出ます。

滑らないというだけでも扱える重量が変わったりするので、滑りが気になるという人はつけない手はありませんね!

握力の補助になる!

握力が先につらくなる(泣)

このような人にもグローブはおすすめですね。

これは上の項目で説明した滑りにくくなるというメリットに繋がりますが、滑り止めがあるので握力の補助にもなります!

特に上から引く種目のラットプルダウンなどでは恩恵を特に感じやすいのではないでしょうか?

握力が先になくなって最後までセットをやりきれない!という方にもぜひつけてみてほしいですね!

おすすめグローブ①Harbinger(ハービンジャー)

1つ目の私のおすすめグローブは【Harbinger】というメーカーのものになります。

ちなみにこれは私が初めて買ったグローブです!

このグローブの良い点としては次の通りです。

良い点

他のものと比べて安い!

手のひら側が本革でグリップが優秀!

◎他のものと比べて安い!

1つ目は「他のものと比べて安い」という点です。

トレーニンググローブは店舗や通販で探してみると4000円前後するものが多いんですが、これは2000円ちょいというお手頃価格で購入できちゃいます!

「安いと質が悪いんじゃないの~?」と思われるかもしれませんが、グリップや耐久性などトレ用グローブとしては十分な機能を備えているので安心してください。

サイズ展開も幅広く選べるため、とりあえずグローブを試したい!という人にはかなり推したいですね。

◎手のひら側が本革でグリップが優秀!

2つ目は「本革仕様でグリップが優秀」という点です。

この点は今回のグローブの一番の特徴と言ってもいいと思いますね。

グリップ面で重要になってくる手のひら側が少し厚めの本革で作られているため、どの種目でもグリップが安定します!

試しに除菌シートでダンベルの持ち手を拭いて湿らせてから握ってみると、そのグリップ力に驚くと思います。

特にダンベルローイングやデッドリフトなどの下から引く種目などではこの恩恵を受けやすいですね!

▲長時間使用だと蒸れが気になるかも?

デメリットも紹介しておくと、長時間つけっぱなしだと蒸れが気になる人がいるかもしれないです。

これはおそらく手のひら側が本革で厚めにできているのが原因かと思われます。

とはいっても種目間で外したりするだけでも不快感はなくなるので個人的には許容範囲でした。

若干の手間ではありますけどね!(笑)

おすすめグローブ② NIKEプレミアムフィットネスグローブ

2つ目のおすすめグローブは、【NIKEプレミアムフィットネスグローブ】です。

こちらは先ほど紹介したHarbingerの次に購入したものとなります。

このグローブの良い点としては次の通りです。

良い点

素材が柔らかく手を動かしやすい!

通気性が良い!

バンドが長くリストラップ代わりになる!

それでは1つずつ説明していきますね~。

◎素材が柔らかく手を動かしやすい!

素材が他のものと比べて少し柔らかいため、装着した際の手の自由度が高いです!

指関節の曲げ伸ばしが窮屈ではないため、最初に紹介したHarbingerよりも着けてる感がありません。

着けてる感があまりないのにグローブとしての機能はきちんと果たしてくれるのでいっちょ前なんですよ(笑)

それとグローブ自体の重さも軽めなので、特に「ずっしりしたものはちょっと・・・」という人におすすめしたいですね!

◎通気性が良い!

手の甲部分がメッシュ生地、手のひら部分には所々に通気口の穴があるので蒸れにくいです!

トレーニング時間が少し長くなりがちな人は蒸れって気になるポイントですよね。

私の体感では、1時間半くらいはつけっぱなしでもそこまで蒸れなかったので不快感がありませんでした。

メッシュ生地で出来ているグローブは他にもたくさんあると思いますが、他と比べ生地が若干薄めにできているので蒸れの点では優れているのかもしれませんね。

◎バンドが長くリストラップ代わりになる!

これがこの商品の一番の特徴ですね。

トレーニング用品で「リストラップ」という手首を保護するための巻き付けるベルトがあるんですが、このグローブにはその機能も備わっています!

手首部分の止めバンドが長めに作られているので、強く巻き付けるほど手首が固定される仕様ですね。

さすがに本家のリストラップほどの固定力は出せませんが、ある程度は固定してくれるので無いより全然マシです。

そもそもサイズや厚み的にグローブとリストラップを同時につけることは難しいので、「グローブもつけたいし手首も保護したい!」という人には向いている商品だと思います!

▲若干外しづらいかも?

このグローブはほとんど完璧なんですが、難点をあげるとすれば若干の外しづらさですね。

これは手に馴染むフィット感がすごい故のデメリットとも言えるでしょう。

分かる人には分かると思いますが、感覚としてはアンダーアーマーを脱ぐ時のような感じに近いです(笑)

でもこちらのグローブはそこまで蒸れが気にならず着脱回数が少なく済むと思うので全然アリですね。

まとめ

いかがでしたか?

グローブは怪我防止のほか、トレーニングの質をあげるためにもおすすめのアイテムです!

今回紹介したおすすめグローブを簡単にまとめてみます。

Harbinger ➡ 安くてグリップが優秀!最初のグローブとして◎

NIKE ➡ フィット感抜群でリストラップ付き!

トレ用のグローブは1つ持っておくと非常に便利です。

紹介した2点は値段・品質ともに優れているのでぜひ検討してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あわせて読む
週6の3分割で筋トレをする場合のメリットとルーティンの組み方

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

おちび

26歳会社員。身長162cmの吃音持ちのおちび。 2017年8月から筋トレを開始し、増量と減量を繰り返しマッチョになる。 8割以上はYouTubeから知識を得ており、自分に合うやり方を探りながら筋トレに励み中。

-筋トレ

Copyright© おちびのがんばる筋トレ道 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.