鍛え方・食事

【筋トレ】インターバル中は何する?4つの過ごし方を教えます。

悩める人
・インターバルの時間はどう過ごせばいい?

・何か過ごし方で差が出たりする?

こんな悩みを解決します。

 

こんにちは!おちびです。

あなたはインターバルの過ごし方って意識したことありますか?

実際のところ特に何も考えずに過ごしている人が多いと思います。

 

でも過ごし方を少し意識するだけで、次セットの結果がよくなることもあるんです!

おちび
私は過ごし方を決めたら1回のトレーニングの質があがりましたよ!

 

ということで今回は、私がおすすめするインターバル中の4つの過ごし方を紹介します!

この記事を読むメリット

  • インターバル中にやるべきことが明確にわかる!
  • 無駄な時間をなくし、質を高めることができる!

ではいってみましょい!

インターバル中の4つの過ごし方

トレ歴5年の私がおすすめするインターバル中の過ごし方は4つあります。

それがこちら!

おすすめの過ごし方

1.呼吸を整えることだけに集中する

2.終えたセットの反省をする

3.トレーニングノートをつける

4.音楽を聴いてリラックスする

この4つのどれかを1つでもやっておけばOKです。

では1つずつ解説していきますね~。

1.呼吸を整えることだけに集中する

とにかく呼吸を整えることだけに集中すると、比較的早く次のセットに入ることができます!

 

インターバルに入った直後はかなり呼吸が荒いですよね?

そこで立っても座っても自分の楽なほうでいいので、呼吸の早さと深さを意識してみましょう。

そうすると呼吸がいつもより早く整っていくのが分かると思います。

おちび
私は2年目くらいからインターバルはずっとこれをしています!

 

このときに注意することはひとつ。

インターバルの時間は一切気にしないということです。

 

休む時間を決めて秒単位で決めているとその時間に間に合うようにと意識してしまい、呼吸が整わないまま次セットに入ることになってしまいます。

これだと準備が不十分となり力を出し切れないかもしれません。

なので呼吸を整えると決めたら、時間は気にしない方向でいくのがいいでしょう!

2.終えたセットの反省をする

終えたセットの反省をする時間にあてるのもおすすめです!

これをすることにより次のセットをよりよいものにできます。

・フォームは適切だったか?

・呼吸の仕方が乱れていなかったか?

・回数は適切だったか?

このように終わったセットの反省をし、良かった点と悪かった点を挙げて次のセットに活かしましょう。

毎回反省ができるとトレーニングが上手くなっていき、重量も伸びていくことでしょう。

おちび
私は呼吸を整えている間に次にむけて反省しています!

もしあなたがジムでスマホをいじらない派であれば、これをするだけで有意義なインターバルになりますよ!

3.トレーニングノートをつける

トレーニングノート=トレーニングの内容を記録するノート

トレーニングノートはメニューや回数、セット数などを書くものです。

これをセットが終わってすぐに書く習慣をつけておくと、後で見返したときに自分の成長が数値ではっきりとわかります。

 

めんどくさいからトレが全部終わってから書くのはダメ?

ダメです。セットが終わった直後に書かないと絶対忘れます。

 

そのため自分の成長具合を確認するすべがほしい人は、インターバル中に必ずつけることをおすすめします!

4.音楽を聴いてリラックスする

イヤホンで音楽を聴いて過ごすのもアリですね。

音楽をおすすめする理由は2つ。

自然とリラックスできて呼吸が整いやすい

時間管理ができる

自分の好きな音楽を聴くと余計なことを考えずにリラックスできるのは大体予想がつきますよね。

 

それともうひとつ「これは何分間の曲」と認識していれば、タイマーを使うことなく時間管理が可能になります。

例えば脚トレをしていてインターバルを3分設けている場合、1曲が3分間の曲であればその曲が終わったと同時に始めればOKということですね。

おちび
このように曲を聴いて過ごすと【楽しみながら時間管理もできる】ためオススメですよ!

【ありがち】スマホに夢中になりすぎるのはNG!

ジムへいくと半数以上の人がインターバル中にスマホをいじってますよね。

これは過ごし方としては全然OKなんですが、夢中になりすぎると次のようなデメリットが出てきます。

夢中になりすぎると

・身体が回復しきってるのにいじり続けてしまう

・長時間占領に繋がり迷惑になる可能性がある

スマホって夢中になると5分、もしくはそれ以上に平気でいじっちゃいますよね・・・。

筋肉の部位や強度にもよりますが、インターバルは最長で5分あれば十分です。

それ以上だと身体は回復してるのにトレーニングをしないという非常にもったいない時間を過ごす羽目になるので注意しましょう!

マチョうさ
トレーニングは効率よくやろうや~

 

そして夢中になりインターバルが長くなると長時間占領をすることにもつながってしまいます。

休憩1分で4セット行う場合=計3分の休憩

休憩10分で4セット行う場合=計30分の休憩

仮にインターバルの度にスマホに10分ほど夢中になるとします。

すると普通の人と比べてこれだけ時間に差が出るため、周りの迷惑になってしまうんですよね。

おちび
夢中になりすぎて目的や周りが見えなくなるのだけは注意してくださいね!

まとめ:インターバル中は次セットを意識して過ごそう!

これまでの内容をまとめます。

まとめ

  • 呼吸を整えることに集中し、次セットに備える!
  • 終わったセットの反省をし、次セットに活かす!
  • トレーニングノートをつける!
  • 音楽を聴いてリラックスする!

このようにインターバル中は次セットへの意識を持つようにすると良い時間になるでしょう!

 

今回はインターバル中の過ごし方について紹介しました。

過ごし方も大切ですが、「インターバルの時間」についても重要な要素です。

おちび
以下の記事では「インターバルの時間の決め方」について解説しているので、こちらの記事もあわせて読んでみてくださいね!
  • この記事を書いた人

おちび

27歳会社員。身長162cmの吃音持ちのおちび。 2017年8月から筋トレを開始し、増量と減量を繰り返しマッチョになる。 8割以上はYouTubeから知識を得ており、自分に合うやり方を探りながら筋トレに励み中。

-鍛え方・食事