筋トレ

ジムで合トレをするべし!メリットや仲間の集め方を紹介します

スポンサーリンク

こんにちは!おちびです。

みなさんはジムへ行った時、たまに複数人で一緒に筋トレをしている人を見かけませんか?

 

そう!

通称【合トレ】です!!

 

筋トレは基本的には1人でやることが多いと思いますが、合トレには様々なメリットがたっくさんあります!

ということで今回は合トレのメリットとデメリット、そして仲間の集め方などについてお話していこうと思います。

あわせて読む
週6の3分割で筋トレをする場合のメリットとルーティンの組み方
あわせて読む
ジムで週3で筋トレをする場合のメニューは?おすすめな組み方を紹介

合トレのメリットは?

メリットとしては大きく分けて3つほどあります。

合トレのメリット

補助に入ってもらえる

知識のインプット・アウトプットができる

とにかく楽しい!

この3つが一番のメリットだと私は考えています。

合トレをやったことがない人は一度やってみると本当に自分の為になります!

ではひとつずつ説明していきますねー!

 

補助に入ってもらえる

補助の有無はトレーニングにおいて重要な要素になってきます。

補助有りの良い点は次の通りです。

限界の高重量に挑戦できる

凄まじい追い込みをかけられる

 

1つ目は【限界の高重量に挑戦できる】ということです!

 

自分1人でトレーニングをやる時って潰れるくらいの高重量を扱うのって怖いですよね?

潰れた時の勢いで怪我をしたりする可能性もありますし。

しかし補助に入る人がいると潰れそうな時に助けてもらうことができるため、普段は怖くて扱えない高重量を扱えます!

 

例えばこんな時↓

 

ベンチプレスのMAX重量に挑戦したいけど怖いな・・・
おれが補助に入ってやるから安心して挑戦しろ!!
マチョくま

 

頼もしくないですか?(笑)

このように補助があれば万が一の時に助けてくれるため、怪我のリスクも減り安心して挑戦できます!

あ、でも体格差がありすぎる場合は細い人がデカい人の重量の補助をするのは少し辛いかもしれないので、その時は十分に気合を入れて補助に入ってくださいね!!

 

 

そして2つ目は【凄まじい追い込みをかけられる】ということです!

 

これはセットの終盤などで「もう上がらないっ!(泣)」という時に動作を助けてもらえるため、強引に上げることができて死にかけるぐらいの刺激が入ります。

 

例えば、普段はベンチプレスで10回で限界がくる人が、補助が入ることにより11、12、13回と自力じゃ絶対にできない回数を上げることができちゃうんですよ!

これができるとパンプアップもえげつなくなりますし、半端ない達成感も得ることができます。

 

知識のインプット・アウトプットができる

これは特に初心者には嬉しいメリットで、次のように合トレは知識のインプットとアウトプットができちゃうんです!

自分が教わる時 ➡ インプット

相手に教える時 ➡ アウトプット

 

インプットできる内容としては色々ありますが、一番吸収できることといえば フォーム です。

1人で筋トレをしている時って自分のフォームは確認しづらいですよね?

しかし合トレではフォームを見てくれる人がいるので、その人が効くフォームを習得していれば色々なアドバイスをしてもらえます。

 

ベンチプレスのフォームが掴めないんだけど、ちょっと見てくれる?
いいだろう。やってみな!
マチョくま
いち、にー、さん・・
ふむ・・もう少し手幅を狭めてバーを下側におろしたらどうだ?
マチョくま
おぉ!胸にガッツリくるようになった!

 

このようにトレーニングが上手い人に教わると、細かい部分まで指摘してもらうことができるので自分のフォームを改善することができますよ!!

それとジムがすいている状態であればトレーニングの様子を動画で撮ってもらったりして、後で自分で見返すと新たな発見があったりするのでおすすめです。

 

 

そして、自分が相手に教えることによりアウトプットができます!

 

アウトプットすることにより、自分の筋トレに関する知識の理解度を確認できるんですよね。

人に教えるのって意外と難しくて、自分が理解できていれば教えた時に相手にうまく伝わりますし、ちゃんと理解できていないと相手は「???」となってしまいます。

 

結果がどうあれ、教えることにより自分へ次のようなメリットが生まれます。

ポイント

相手に伝わる ➡ 自信がつきモチベUP

相手に伝わらない ➡ 自分の知識不足と認識できて伸びしろあり

自分の教え方で相手にしっかり伝われば「お!ちゃんと理解できてる!」と自信がついてモチベーションが上がります。

そして相手にうまく伝わらなかったとしても、「まだまだ勉強が足りないな・・・。もっとがんばろう!」と自分の甘さを認識することができてトレーニーとして一歩前進します。

 

この【人に教える】という行為は自分1人だけではできませんが、合トレではこれが可能です。

トレーニング以外でも教えることができる人というのは重宝されるので、合トレは人としても成長できるめちゃくちゃ良い機会なんじゃないかと思います。

 

とにかく楽しい!

はい。これはやってみれば分かります。

一緒に切磋琢磨できる人がいるというのはめちゃくちゃ嬉しいし、色々話しながらやれるのでとにかく楽しいんですよ(笑)

 

フォームを確認しあったり、ともに追い込んだり、トレーニングメニューや食事の話をしたり。

 

かなり充実した時間になるので、1人でやる時よりも時間の流れも早く感じるんですよね~。

 

「筋トレへのモチベが下がってきてる・・・」という時には合トレをすれば普段は味わえない楽しさがあるので再び筋トレへの熱が再燃しますよ!

 

合トレのデメリットは?

デメリット、ですか・・・。

正直あまり思いつかないくらい良いことしかないんですよ(笑)

 

でも強いて言えば【良くも悪くも目立つ】ということですかね。

 

ジムってやはり1人で黙々とやる人が多いので結構静かですよね?

その中で2人以上で話しながらトレーニングをしていると、少なからず周りから視線を感じることになります。

やはり1人でやっている身からすると「どんな事をしてるんだろう?」と気になりますからね(笑)

そのため「じろじろ見られるのは嫌だ!」「目立つのは嫌い」という人にとっては少しだけデメリットになるかもしれません。

 

まぁ基本的にジムにきている人は筋トレをやりにきているので、ずっとガン見されることはないです。

なのでそこまで気にすることもないと思うので安心してくださいね。

トレ仲間の作り方はどうすれば?

合トレしたいけど相手がいない(泣)

日本はトレーニング人口がまだ少ない国なので、大体の人はこの状態ではないでしょうか?

そんな方が合トレ仲間を作る方法としては大きく分けて次の2つがあると思います。

ジムで声をかける

SNSで呼びかける

では紹介していきますよー!

 

通っているジムで仲間を作る

これはコミュ力が高い人にとってはかなり効率のいい方法となります。

なぜなら自分が通っているジムで仲間を作れば、わざわざ遠方のジムへ出向くことがなくなるからです。

せっかくネットなどで気が合う仲間が見つかったとしても、お互いに住んでいる場所が離れていると場所選びに苦労しますからね。

 

一方で、ジムで仲間を作る場合は「声をかける」という行為をしなければいけません。

そのため話しかけるのが苦手な方には少し難易度が高くなります

 

その中でも「勇気を出して声をかけたい!」という人は次のように声をかけてみてください。

 

デカいですねっ!

 

この一言は鍛えてる人にとってはめちゃくちゃ嬉しい魔法の言葉です。

なので相手も気分が良くなり、ここから会話を始められる可能性が高いのでぜひ実践してみてください!

 

SNSで呼びかける

この方法では普段は出会えないレアなトレーニーと繋がれる可能性があるのでオススメです!

SNS上で筋トレ専用のアカウントを作っている人って意外と多く、私自身も作ってみたところ、ありがたいことに半年間で筋トレ関連のフォロワーさんが1000人もできました。

私のフォロワーさんの中には次のような人たちがいます。

こんな人と繋がれる!

・始めたての初心者

・同年代の人

・年上のカッコいい人

・トレーナー

・ボディメイクの大会競技者

このようにとにかく色々な人と交流ができるため、必ず自分と気が合う人が出てきます。

なのでSNSでアカウントを作ってどんどん筋トレ関連の人をフォローしていきましょう!

 

そしてSNSと聞くと主にツイッター・インスタグラム・フェイスブックなどが挙げられると思います。

この中でも私がおすすめしたいものは ツイッター です!

 

インスタグラムは投稿する際には画像をつけなければならないので扱いが面倒であり、フェイスブックは他の2つと比べると人口が少ないと思います。

 

一方でツイッターでは気軽に文章だけの投稿もできますし、扱いも楽で人口も多いです!

もしも「この人と合トレをしたい!」という人が現れた場合は、少しずつ交流をしてDMなどに切り替えて予定を立てていきましょう!

あわせて読む
【必見】ジム初心者が知っておきたいマナー6選!

まとめ

いかがでしたか?

筋トレと聞くと1人で黙々とやるものだと思われがちですが、複数人での合トレは本当に楽しくてメリット尽くしです!

仲間を作るまでが難しい人もいるかもしれませんが、よほどあなたが性悪でない限り仲間は必ずできます。

作ってしまえば筋トレライフがかなり充実したものになるでしょう。

 

定期的に合トレをして刺激をもらい、自分の成長につなげていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

おちび

26歳会社員。身長162cmの吃音持ちのおちび。 2017年8月から筋トレを開始し、増量と減量を繰り返しマッチョになる。 8割以上はYouTubeから知識を得ており、自分に合うやり方を探りながら筋トレに励み中。

-筋トレ

Copyright© おちびのがんばる筋トレ道 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.