筋トレ

【初心者向け】筋トレ前に軽食が必要な理由とおすすめ食材5選!

スポンサーリンク

・筋トレ前に軽食って摂ったほうがいいの?

・どんなものを食べたらいいのか知りたい!

・食べる量やタイミングを教えて!

こんな疑問を解決します。

 

こんにちは!おちびです。

みなさん、筋トレ前に軽食は食べていますか?

ネット情報やそこらのマッチョの話を聞くとトレーニング前は何か食べたほうがいいと言われたりしますよね。

これを聞いて「なぜ軽食が必要なのか?」「何かって何を食べればいいんだ?」など疑問を感じる人もいると思います。

おちび
昔は私も軽食をとらずに筋トレをしてましたが、今では必ず摂るようにしてます!

ということで今回は、筋トレ前に軽食をとったほうがいい理由や摂取量、おすすめの軽食まで紹介していきます!

この記事を読めば、コンディションが万全な状態でトレーニングに臨むことができるようになるのでぜひ最後まで読んでいってくださいね。

筋トレ前に軽食を食べるべき理由は?

結論から言うと、エネルギー不足で筋肉が削られないために軽食は食べるべきです。

筋トレのような一瞬の力を使ったりする運動は、結構な量のエネルギーを消耗するんですよ。

そのため筋トレをするだけのエネルギーが体内に残っていないと、身体は「筋肉」をエネルギーとして使ってしまうんです。

筋肉を削りながら筋トレをするってわけわからんですよね?(笑)

なので筋肉を削らせないために、軽食をとってからトレーニングに臨むのが良いということになります。

トレ前は必ず軽食をとれ!
マチョくま

どれくらいの量を食べれるのがベスト?

あくまでも軽食です。

ちょうどいい量を摂りベストな状態でトレーニングに臨むのが目的なので、量を考えずに食べるのは少しリスクがあります。

食べる量が少なすぎるとトレ中に力が出ませんし、逆に多すぎるとリバースしますから。

私が思うちょうどいい量とはこちらです⇩

ちょうどいい量 = 炭水化物量が30~40g程度

私は体重が60㎏ちょっとですが、個人的にはこれくらいの量が一番力が持続してなおかつ気持ち悪くもならない量でした。

ここはその人の体格や体質によって変わってくるとは思いますが、悩んだらこの量を1つの目安にすると良いと思います。

トレーニングの何分前に食べるのがいい?

軽食を摂るべきタイミングとしては、トレーニングをする1時間前くらいがベストですね。

がっつりした食事ではなく軽食であれば、1時間あれば消化吸収されるので消化不良を起こす心配もありません。

ちょうど食後1時間くらいにエネルギーが身体のなかを巡り始めるので、万全の状態で臨めます。

待ち時間がもったいない!という場合は30分前でも良いとは思いますが、30分だと消化しきるギリギリのラインなので体調に気を付けながらトレーニングしてくださいね。

1時間前なら無難、30分前は少し注意が必要だ!
マチョくま

筋トレ前にちょうどいい軽食5選!

ここまで説明した通り、筋トレ前の軽食は多すぎず少なすぎない量が一番です。

なのでここでは、パフォーマンスを十分に発揮できる軽食を5つ紹介します!

その5つはこちら⇩

ちょうどいい軽食6選

・おにぎり

・バナナ

・ヨーグルト

・果汁100%ジュース

・ゼリー飲料

マチョくま
それぞれの良いところはこんな感じだ!

①おにぎり ➡ 腹持ちがいい・具材を選べるため栄養素を調整できる (1個あたり:C40g)

 

②バナナ ➡ 吸収が早い・栄養素が豊富 (1本あたり:C20g程度)・・・めちゃおすすめ!

 

③ヨーグルト ➡ 5秒で食べれる・腸にも優しい・高たんぱくや脂質ゼロのものがある (1個あたり:C10~15g程度)

 

④果汁100%ジュース ➡ 吸収が早い・一瞬で炭水化物を摂れる (1杯あたり:C20g程度)

 

⑤ゼリー飲料 ➡ 吸収が早い・一瞬で炭水化物を摂れる (1個あたり:C40g程度)

※C=炭水化物

おにぎりとバナナに関してはそれなりにお腹にたまるため、空腹の時にはうってつけです。

反対にお腹が空いていない時は、ヨーグルト・100%ジュース・ゼリー飲料などの流動食でも十分栄養を補給できるので嬉しいですね。

 

この中でも特に私が好んで食べているのはバナナです!

理由としては、やはり吸収が早くて栄養素が豊富な点ですね。

バナナは食べてから30~40分ほどで吸収されますし、含まれているビタミンやミネラルは糖質をエネルギーに変える手助けをしてくれたりするので筋トレをする上で大きなメリットとなります。

値段も1本あたり30~40円程度なのでコスパ最強のトレ前軽食です。

 

ここで紹介したものは全てコンビニで揃えることができるので、いくつか常備しておくといいですよ~!

満腹まで食べるのはやめたほうがいい!

エネルギーを蓄えるためにめっちゃ食べるぞ!

このような考え方は筋トレ前においてはあまりおすすめしません。

食べ過ぎると消化するまで時間がかかり、すぐに筋トレをすると消化不良を起こし気持ち悪くなってしまうんです。

筋肉を分解させないための食事なのに、肝心の筋トレができなくなったら本末転倒ですよね。

おちび
30分前に牛丼を食べた時は気持ち悪くなり途中で切り上げました(笑)

もしたくさん食べたいのであれば、食べてから2時間は空けることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

ここまでの内容をまとめます。

まとめ

・筋肉を削らないために軽食は必要!

・炭水化物を30~40グラムのものを食べるとちょうどいい!

・筋トレ1時間前に摂るのがベスト!時間がなければ30分前でもOK

・軽食はバナナが一番おすすめ!

筋トレ前に食べるものや量、時間帯によってトレーニング中のパフォーマンスが左右されます。

これらを適切な条件にすれば、効率よく鍛えることができるのでぜひ意識してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

おちび

26歳会社員。身長162cmの吃音持ちのおちび。 2017年8月から筋トレを開始し、増量と減量を繰り返しマッチョになる。 8割以上はYouTubeから知識を得ており、自分に合うやり方を探りながら筋トレに励み中。

-筋トレ

Copyright© おちびのがんばる筋トレ道 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.