筋トレ

筋トレが趣味だと気持ち悪い?そう思われる理由と私の反論。

筋トレが趣味っていったら引かれたけどなんで?
なんで筋トレが趣味になるわけー?

こんな両者の疑問にお答えします!

 

こんにちは!おちびです。

趣味って数えきれないほどありますが、その中のひとつに「筋トレ」があります。

筋トレを趣味にしてる人なら分かると思いますが、なぜか変な目で見られることがありますよね(笑)

おちび
私も筋トレが趣味と言うと、いやな質問攻めにあう時があります(笑)

 

正直いうと、これは引く側の意見も趣味にしてる側の意見も分かる部分があるんですよね。

 

ということで今回は、世間から気持ち悪く思われる理由からそれに対する私のちょっとした反論を紹介します!

この記事を読めば、趣味としての筋トレについて深い部分まで知ることができますよ~。

ではいってみましょい!

【結論】筋トレが普及してないのが一番の理由

いきなり結論なんですけど、日本は他の国と比べて筋トレがあまり普及してないんですよね。。

そのために筋トレをしている人が異端となり、趣味としては認められなくなってる一番の理由ではと感じています。

最近になって少しずつ賑わってはきているものの、それでも世界と比べるとまだまだです。

こちらを見てみてください。⇩

ソース画像を表示

おちび
このように世界で見ても、日本の普及率は3.3%とかなり低めです。。

私が思うに、この国は「マッチョのほうがいい!」という考えの人が少ないんですよね。

 

細身でスラっとした人がカッコいい!

見た目だけの筋肉はいらないよね~

 

日本はそんな価値観を持っている人が多いため、他の国と比べて普及しないのかなぁなんて思います。

現に普及率が17.4%とえげつないアメリカでは、「マッチョであるほどよい」という考えが根付いているのでなんか納得できますよね。

筋トレが気持ち悪いと思われる5つの理由

普及率が低いのが一番の原因だとは思いますが、その他にもそれなりの理由があります。

それがこちら⇩

気持ち悪がられる理由

1.ナルシストに見えるから

2.スポーツでつける筋肉じゃないから

3.食事内容のイメージが悪いから

4.筋肉アピールする人がいるから

5.つらいことをやりたいMだと思われるから

では1つずつ紹介していきますね~。

1.ナルシストに見えるから

めっちゃ自分好きじゃん(笑)

まず1つとして、筋肉が好きな人=ナルシスト と思われるので印象がよくないらしいです!

例えば他の趣味としてサッカーやカラオケ、楽器などはナルシストというイメージはありませんよね?

どうしても他の趣味と比べると、筋肉だけはウケが悪くなってしまいます。

 

これは先ほどの項目でも説明したとおり、マッチョがいいという考えの人が少ないのも関係すると思います。

2.スポーツでつける筋肉じゃないから

マチョくま
趣味は筋トレだ!
スポーツするわけでもないのに鍛えてるの?笑

実際にこういうシーンは何度もあります。

 

筋肉=スポーツでつけるもの!

このように思う人が多いので、スポーツをやらないのに筋肉をつけてる人は不思議に思われることがあるんですよね。

俗にいう、「使える筋肉をつけろ」というやつですね!!

スポーツとかで自然についた筋肉がいいのよ!

鍛えてるなら格闘技とかやらないの?

↑↑私が耳にタコができるほど聞いた言葉です。(笑)

 

筋肉はスポーツや格闘技などで活かせるものでないといけないという認識があるため、これも引かれる理由と言えるでしょう。

3.食事内容のイメージが悪いから

「ささみ」

筋トレをしている人といえばこのイメージでしょう。

修行でもしてるの・・・?

本気で筋トレをしている人は毎日ささみを食べると思われてるので、筋肉バカというイメージをする人もいるんですよね(笑)

普通の人からすれば食事は人生の楽しみの1つなので、こう思うのも無理はないでしょう。

こんなイメージが根付いてるからこそ、「あ、変わった人だ」と一線を引きたくなるのかもしれません。

4.筋肉アピールする人がいるから

マチョうさ
どや!わいの筋肉すごいやろ!

会うたびに筋肉自慢をしてきたりする人が一定数います。

他人の趣味など自分にはあまり関係ないことですが、こればかりはうっとうしいので実害が出ます(笑)

これは筋トレを趣味にしてる私も、過度なアピールマンは残念ながら擁護しきれません。

「筋肉すごいね!」などと話題を振られたときはいいですが、自ら話し出すと結構引かれる原因になりますね~。

5.つらいことをやりたいMだと思われるから

筋トレは辛いだけなのにこれが趣味ってMなの?

世間からしたらこの認識が多いですよね?

それもそのはず、たしかにしんどいしすぐには結果が出ませんからね。

 

しんどいことを趣味にしてるって普通の人からしたら意味がわかりません(笑)

そのためただ単につらいことが好きなMだと思われてる可能性があります。

気持ち悪いと思う人へ私の反論

ここまで気持ち悪がられる理由を説明してきました。

ここで少し私の反論のターンをください。

説明してきた理由に対して、私が思うことは次の通りです。⇩

私が思うこと

1.自分を好きになってはいけないのか?

2.見た目と健康のために鍛えてはいけないのか?

3.毎日ささみばっかり食べてるわけじゃない

4.過度な筋肉アピールするのは一部の人だけ

5.「楽しいからやる」は理由にならない?

「何を言われたって気持ち悪いぞ!!」と言わずにちょっと聞いてくださいね(笑)

では1つずつ反論していきます。

1.自分を好きになってはいけないのか?

わたしは前から疑問なんですが、なぜ自分を好きになってはいけないんでしょうか?

もちろん他人へのアピールが執拗すぎたりするのはよくないです。

ですが、他人へ迷惑をかけずに自分を好きになるために筋トレをするのはなにも問題ないと思うんですよね。

 

そしてなにより、【自分が好き=自信がある=前向きになれる】 というように繋がるので悪いことなんてないんです。

自分に自信がある人

いつも自虐が多い人

一緒に過ごすならどちらと過ごしたいですか?

大半は自信がある人と過ごしたいと答えるはずです。

 

自分を好きになったほうが人生は有意義。

これは間違いないです。

 

これは一度自分を好きになってみないと分からない事なので、これからも私はその手段の1つである筋トレの魅力を発信していくつもりです!

2.見た目と健康のために鍛えてはいけないのか?

筋トレが趣味と言うと、「筋トレじゃなくてスポーツとか格闘技やればいいじゃん!」と言ってくる人がいます。

大変申し上げにくいのですが、そもそもの目的が違うんですよ。

 

私は筋トレをして見た目をよくし、さらに将来ずっと健康でいることが目的です。

 

スポーツや格闘技も筋肉はつくしやらないより健康的ですが、両者ともに私が求めてるものとは少し違うのが事実です。

おちび
見た目に特化した筋肉をつけ、そのための食事を意識して死ぬまで健康でいたいんです!

なので私はスポーツではなく筋トレをやっているというわけですね。

3.毎日ささみばっかり食べてるわけじゃない

マッチョ=ささみ のイメージは強いです。

もちろんささみや胸肉は食べますが、わたしは毎日食べてるわけじゃありませんよ(笑)

たまに食べるくらいで、プロテインからたんぱく質を摂り食事は結構好きなものを食べていることがほとんどです。

食事は意外と自由だぞ!
マチョくま

ささみがマッチョに好まれるのは一番コスパのいいたんぱく質だからです。

他にも魚類や赤身肉・卵や豆腐などたんぱく源はあります。

普段の食事で補えない分のたんぱく質をささみなどで補っているという認識ですかね~。

おちび
普段の食事内容でたんぱく質を補えれば食べることはないでしょう!

増量期と減量期を設けていると、減量期は炭水化物や脂質が制限されるためにささみの出番が増えてきます。

ささみばかり食べてる!」と思っている人はおそらくこの減量期マッチョとの遭遇率が高いのではないかと思いますよ!(笑)

 

ちなみに私の減量期の詳細についてはこちらの記事で細かく解説しています⇩

4.過度な筋肉アピールするのは一部の人だけ

いきすぎた筋肉アピールは気持ち悪がられる原因ですが、それをするのは一部の人だけなんです(泣)

ほとんどの人はアピールのしすぎはよくないと分かっているので、ほどほどにしてるケースが多いんです。

まぁその一部の影響で筋トレ自体へのイメージが悪くなるのでこちらとしてもちょっと困るんですよね・・・。

大半の人はアピールは控えているぞ!
マチョくま

もちろん鍛えた身体を見せたくなる気持ちは分かります。

あなただって上手くいったものや事はだれかに報告したくなりますよね?

なのでこの一部の人を気持ち悪いと思うのは仕方ないですが、少しはその気持ちも汲んであげてください。

5.「楽しいから」は趣味にする理由にならない?

趣味って自分がやってて楽しいからやるものですよね?

私にとって筋トレも楽しいんですが、これは理由になりませんか?(笑)

前回よりも重い重量を扱えた!

腕が太くなった!

鏡を見るのが楽しくなった!

おちび
パッと挙げただけでも、これだけ楽しいと思う理由が私にはあります!

たしかに筋トレはつらいし時には休みたくなることもありますよ?

でも趣味なんてものは自分がやりたいときにやって楽しいと思えればそれでいいんです。

だって周りの目を気にして楽しいことができないなんてもったいないじゃないですか?

なので私は筋トレに気持ち悪いイメージがあったとしても、それを理由にやめることは決してありません!

まとめ:趣味は自分のためにあるもの!

いかがでしたか?

これまでの内容をまとめます。

まとめ

【引かれる理由】

ナルシストに見えるから

スポーツでつける筋肉じゃないから

食事内容のイメージが悪いから

過度なアピールをする人がいるから

Mに見えるから

【趣味にしてる側の意見】

自分を好きな方が人生楽しい!

見た目と健康のためにやってる!

食事は意外と自由!

アピールするのは一部の人だけ!

楽しいからやってる!

ここまで色々話してきましたが、人に迷惑をかけなければ趣味なんて楽しければいいんです。

周りの目を気にする必要なんて一切ありません。

 

気持ち悪いと思う側も趣味にしている側も、一度お互いの意見に耳を傾けるのも大事ではないかと思います!

今筋トレを趣味にしている人は、引かれる人よりも惹かれる人になりましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

※これから筋トレを始めよう!と思っている方はまずこちらの記事を読むことをおすすめします!⇩

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

おちび

26歳会社員。身長162cmの吃音持ちのおちび。 2017年8月から筋トレを開始し、増量と減量を繰り返しマッチョになる。 8割以上はYouTubeから知識を得ており、自分に合うやり方を探りながら筋トレに励み中。

-筋トレ

Copyright© おちびのがんばる筋トレ道 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.